機器分析センター

主な機器?設備のご紹介

超遠心機 CP80WX

機器名?型式超遠心機 CP80WX
メーカー名工機ホールディングス(株)
納入會社名竹田理化工業(株)
機器管理責任者日比野康英  (所屬) 薬?生體防御學講座 (內線6619)
設置場所機器分析センター102室
文部科學省助成機器 
納入年月日平成21年3月31日
測定責任者 

1.本機の特色と性能

本機は最高回転數80,000rpm、最大遠心加速度615,000xg(P80ATローター)の性能を有し、サーモモジュール冷卻(フロンレス)方式、真空裝置、精度回転數制御および溫度制御裝置、ローター室ベーキング裝置、加速および減速時間調整裝置、その他種々の安全裝置を備えている。本機は消費電力が大幅に低減されており、減速時にはモータ電力を回収するブレーキ制御を採用してブレーキ抵抗を使用せず、減速中の発熱も抑えられている。また、カラー液晶とタッチパネルで操作性が向上している。ローターの管理はすべて自動となっており、駆動部に裝著することで指定したローターの管理が可能である。

2.付屬裝置とその用途

機器分析センターが當室において管理するローター(P65A‐1021‐N、P65AT-1022-N、RP50T(No.440)、SRP70AT(No.209)、RP-42(No.216)、P28S)が利用可能である。

3.使用規定および使用上の注意

(1)使用予約

機器分析センター事務室備え付けの予約表に、使用予定日、所屬、利用者氏名、使用時間、ローターの機種を記入すること。

(2)利用方法

1)利用者

利用者は、講習會を受講した者に限る。なお、講習會受講者にはライセンス許可証を発行する。

2)使用記録

以下のa)、 b)の両記録簿に記入すること。
a)超遠心機本體(CP80WX)の使用記録簿に、年月日、氏名、所屬、検體、回転數、積算回転數など必要事項をもれな
  く記入すること。
b)ローターの使用記録帳に、年月日、氏名、所屬、検體、回転數、積算回転數など必要事項をもれなく記入すること。

3)利用手順

機器の利用手順に関しては、機器本體に備え付けの取り扱い説明書を理解した上で行うこと。特に、以下の項目について厳守すること。

遠心操作前
  1. 現有ローター(P65A‐1021‐N、P65AT-1022-N, RP50T(No.440)、SRP70AT(No.209)、RP-42(No.216)、P28S)およびチューブシーラー(STF-1)の部屋外への持ち出しを禁止する。
  2. 上記ローターおよび機器分析センターが使用を認めた以外のローターの利用はできない.
  3. ローターの冷卻は、本體橫に設置された冷蔵庫內で行うこと。また、ローターは、冷蔵庫內で長期間放置せず、本體ドラム內でのローターの冷卻は避けること。
  4. チューブ?キャップが、ローターに適合したものであるかを必ず確認する。なお、これらチューブは利用者が準備すること。
  5. 試料の容量が、遠心に十分量であるかを確認する。
  6. ローターのパッキンおよびねじの部分には、遠心操作前に必要量のグリースを塗ること。
  7. 遠心操作は、最高回転數まで到達したことを確認した後に、その場を離れるようにする。
  8. 部屋を出る時は、施錠する。また、長時間部屋を離れる場合は、鍵は機器分析センターに戻すこと。

遠心操作後
  1. 試料の取り出しは、部屋內で行うこと。
  2. 遠心後、試料の漏れの有無にかかわらず必ずローターを水洗いし、試料がローター內に漏れ出ているようであれば、入念に水洗いを行うこと。特に、粘性のある試料、腐食性のある試料などを扱っている場合は注意が必要です。この際、ローターに傷を付けないように行うこと。
  3. 水洗後のローターは、キムタオルなどを敷いた実験臺で風乾する。この際、ローターが床に転げ落ちないように注意すること。
  4. 超遠心機本體のドラム內に、試料(または、グリースなど)が付著していないかを確認する。このような狀況が確認されたときは、適度に濕ったキムワイプなどで拭き取ること。
  5. 使用したアルミキャップ、パッキンなども水洗した後風乾して、數の確認をした後所定の場所に戻す。
  6. ローターの乾燥後(1~2日後)は、使用前にあった場所に使用者が戻すこと。ここまでが利用者が行う作業です。
  7. ローターは高額であるので十分注意して取り扱うこと。

4)トラブルへの対応

トラブルが発生した場合には、必ずセンター職員(內線6293)に連絡し、連絡が取れない場合は、日比野(內線6619)または岡﨑(內線2570)に連絡する。また、自ら何らかの対応を行った場合にもセンターに報告すること。トラブルについては、必ずその內容と対応事項(センターに連絡したこと、およびその詳細)を、故障報告書(書式1:機器本體にも備え付けてある)に記入しセンター事務室に提出すること。

5)技術的な問い合わせ

機器、ローターなどの使用に関する技術的な問い合わせは利用者が行う。(尚、故障?修理に関しては機器分析センター事務室が対応する。この點間違えないようにすること。)

工機ホールディングス(株) 
お客様相談センター 0120‐024‐015

4.使用者小委員會の構成

現在のところ設定していない。
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频