機器分析センター

主な機器?設備のご紹介

円二色性分散計 J-720WI

機器名?型式円二色性分散計 J-720WI
メーカー名日本分光(株)
納入會社名日本分光(株)
機器管理責任者宇和田貴之(所屬) 理?ナノ機能化學研究室 (內線1324)
設置場所機器分析センター 207室
文部科學省助成機器
納入年月日平成10年3月5日
測定責任者 

1.本機の特色と性能

真空紫外部から近赤外までの広い領域(165~1100nm)での円二色性(CD)および旋光分散(ORD)スペクトルを比較的容易に測定することができる。高速スキャン(最高5000nm/min)により広い波長範囲を比較的単時間で測定でき、またインターバルスキャン機能によりスペクトルの時間変化測定も可能である。さらに積算することによりノイズの大きい吸収にも対応できる。UVスペクトル特に真空紫外域も同時に測定できる。付屬のペルチエ式恒溫裝置を併用すると広い範囲でスペクトルの溫度変化測定もできる。操作は付屬のコンピュータGUI環境によりコントロールされ、得られたスペクトルは保存でき、データは市販の表計算ソフトやワープロソフト上で扱うことができ、データの解析や整理が容易にできる。

2.付屬裝置とその用途

  1. ペルチエ式溫度コントローラ(日本分光、PTC-348WI):試料室を-10~110℃の一定溫度に設定できる。このときのセルは光路長1cm以下の角セルを用いる。光路長0.5、0.2 cmのセルにはスペーサーが用意してある。
  2. 蛋白二次構造解析プログラム:タンパク質のへリックス、β-ターン、ランダム構造などの二次構造の割合を計算できる。
  3. 円筒型セルおよびセルホルダー:光路長1cm、3cmの円筒型セルおよびそれらを使用するためのセルホルダーがある。通常は(1)が設置してあるが、容易に円筒型用セルホルダーに交換することができる。

3.使用規定および使用上の注意

機器分析センター事務室にある予約ノートに必要事項を記載し、自由に使える。使用する際は、取り扱い説明書をよく読み、特に測定を始めるときは下記のことに注意すること。

本體の光源を冷やすために水循環裝置(IWAKI Cooling Unit CLU-33)で20℃の冷卻水を流す。また、測定の間は鏡面が曇らないように窒素ガス(3L/min)を流す必要がある。そのため、必ず換気扇を回し、排気すること。ペルチエ式溫度コントローラを使用するときも冷卻水を流す。使用後はノートに必要事項を記入すること。

4.使用者小委員會の構成

現在のところ設定していない。
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频