大學案內 About

事業計畫の概要
 

1.教育目標

城西大學の教育目標は「學問はそれ自體が目的ではなく、あくまでも人間形成の手段である。立派な人間によってのみ、立派な社會がつくられるのだから、現世のために、後世のために、國家社會の重荷にたえられる人材を育成する。」こととしている。

2.城西大學の方向性

我が國では、急速に進展した少子高齢化およびグローバル化に加えて、地域コミュニティーの衰退や、革新的新技術による知識基盤社會への急速なシフトによって、今後、産業構造、就業構造、さらには人びとの生活におけるドラスティックな変化が予想される。そのような中、競爭力のある未來人材の育成は、日本の高等教育における喫緊の課題であり、ユニバーサル化した大學は、存亡の危機を回避するためにも、新時代に向けた抜本的な教育研究體制の見直しを迫られている。

18歳人口は、2040年までに75%になる事が予想されており、単純計算すれば2040年には現在ある大學の25%が消失することになる。運よく本學の入學者數が18歳人口の減少割合と同程度の減少であった場合でも、財源である學費収入を確保するためには、予想される2000名の在籍者數の減少を大學院生、留學生、その他社會人や短期研修等で補充することが必須となる。いずれにしても現狀の大學規模を維持するためには、志願者減を補う留學生を含む計500名の入學者の確保を可能とする體制を10年以內に整えなければならない。その際、最近諸外國で急速に拡大しているMOOCなどのオープンコースウェアを用いる學生確保も視野に入れた大學運営は、財源確保の點からも重要である。従って、社會人を対象とする魅力ある教育プログラム、サマープログラム等の海外學生を対象とした企畫、ICT技術を駆使したオープンコースウェアの展開についても10年以內の実現を目標にしなければならない。

3.2019年度事業計畫の方針

2019年度においては、財政基盤の安定化をはかるため「大學広報?學生募集の強化」はもとより「定員の確保」「中退率の低減」に努め、人材育成の基盤を確立するため「入學前教育と初年次教育の充実」「學生支援」「就職支援」「教育力の充実(特に國家試験合格率の向上)」「地域連攜と社會貢獻の推進」「研究力の充実」「教員組織および教育支援事務組織の再構築」を進め、さらに、教育環境を整え學生にとって魅力あるキャンパスとするために「キャンパス建物群の整備」を重點方針とし、その達成に向けた施策を推進する。

4.重點事業

(1)大學広報?學生募集の強化と定員管理
本學の強みを活かした魅力ある大學像の効果的発信を行う、定員割れの學部に関しては定員充足に向けた取り組み、定員超過の學部に関しては定員と合致する質の高い學生數の確保に努める。

(2)入學前教育と初年次教育の充実
高大接続を視野に入れた入學前教育と初年次教育の効果を検証しつつ、新入生の學力や社會人基礎力を伸ばすための取り組みを行う。
(3)教育力の充実
教養?専門教育の充実、國家試験合格率の向上、スポーツ?文化活動支援等の取り組みを行う。

(4)教員組織および教育支援事務組織の再構築
大學教育の將來像と學部再編を視野に入れた教員組織および將來あるべき効率的な事務組織構築に向けた取り組みを行うと共に継続的な研修を実施し、公正な教職員評価を行い、さらに収支に十分配慮した人事計畫を策定し実行する。

(5)研究力の充実
本學の強みを活かした発信力のある研究の推進、外部資金獲得の向上につながる研究環境の整備、研究支援體制の充実のための取り組みを行う。

(6)學生満足度の向上と中退率低減
學生の満足度の向上を図ると共に、各學部において中退率を設定し、その目標値を達成するための方策を策定し実行する。

(7)就職支援の強化
キャリア教育プログラム、企業との連攜、資格取得支援、情報提供等の一層の充実に向けた取り組みを行うと共に高齢化社會、AI、第4次産業革命に対応できる人材を育成する。

(8) 地域連攜と社會貢獻の推進
地域に密著した大學として、地域の課題解決への教育研究を通した協力?貢獻および地域との信頼関係を一層強化する。

(9)キャンパス施設整備および環境整備
創立當初の建物群が老朽化する中で、優れた教育環境を期待する志願者確保にも限界が生じつつある。築50年を超過した建物を逐次建替することで、オープンで學生にとって魅力的な思考空間を段階的にキャンパス內に整備し、知の拠點にふさわしい、教育研究と一體となったゆとりあるキャンパスの実現を図る。

 
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频