大學案內 About

學長メッセージ

20200401藤野陽三學長

城西大學學長 藤野 陽三

新入生のみなさん、ご入學おめでとうございます。
心よりお祝い申し上げます。

 本來であれば、皆さんを城西大學坂戸キャンパスにお迎えして、2020年度入學式を挙行する予定でした。しかしながら、現在、世界中で蔓延している新型コロナウィルスの感染防止に対応するため、すでにご案內の通り、4月4日(土)に予定しておりました入學式を中止することにいたしました。さらに、今年度の授業の開始も予定していた4月6日(月)を5月11日(月)以降の再開を目指して検討しています。

 入學式で皆さんやご家族に向けて學長からの祝辭として述べたいと思っていたことを、文章にてお伝えすることにします。

 今から55年前、水田三喜男先生によって創設された城西大學の建學の精神は「學問による人間形成」です。學問と聞くと、皆さんからは遠く感じられるかもしれません。要するに「學ぶ」ということです。皆さんがこれまでの學校でやってきたことも「學ぶ」ことの一側面でしたが、知るあるいは覚えるという面が強かったのではないかと思います。ここで新入生の皆さんにお伝えしたい「學ぶ」?「學問」とは、何かの「目的」をもって、自ら調べ、自ら考える、ということです。

 「目的」も自分で決めるのです。好きなことでも勿論よいですし、今の世界で、日本で、あるいは身の回りで困っていることでもよいのです。皆さんは大學では専門を持ちますから、勿論、専門のことでもよいのです。いかに「目的」を見つけ、どのようにして學ぶのか、學ぶプロセスの獲得を応援するのが大學での教育だと思っています。
講義、ゼミナール、演習、実験、実習などだけではなく、スポーツなどの課外活動においても學ぶことがいろいろあるでしょう。學外での地域との交流、海外でのインターンシップでもいろいろな學びのテーマに皆さんは巡り合うことと思います。學ぶことの楽しさを経験することにより、人間は成長し、「人間形成」が図られるのです。
 殘念ながら、大學での教室を使う対面の授業はありません。5月11日(月)以降のこともまだ見通しが立っていません。インターネットを使ったウェブ講義を一部の講義で始めることを考えています。皆さんにお願いしたいのは授業開始前にパソコン(できればカメラやマイクがついているもの。入手が難しい場合にはタブレット端末などでもよいです)と自宅や下宿のネット環境を整備しておいてもらうことです。スマートホンでも少し不便かもしれませんが、Wi-Fi環境下なら使えると考えています。下宿に引っ越したばかりで準備が整わない方などについては、學內の端末を利用してもらうなどの措置を考えていますが、登校もできなくなる最悪の事態もあり得ます。したがって、できるだけ自宅や下宿などでの接続環境を整えてください。特に、インターネットは申込から開通まで數週間かかるケースもありますので、下宿先が決まり次第、手配をお願いします。障がいがある方や、パソコン(またはタブレット端末)?ネット環境の準備が難しい場合は、情報科學研究センターまで相談することをお願いいたします。追って対応策をお伝えいたします。大學のホームページには、日に一度以上はアクセスするようにしてください。
 
 キャンパスに自由に來ていただける日が、一日でも早く來ることを祈っています。そのためにも教職員と學生が一體となって、城西大學関係者がウィルスに近づかない対応が求められます。安全なキャンパス空間をつくることにご協力ください。

 私も4月から城西大學に加わった新入りです。城西大學のことをいろいろ知りたく思っています。自由が戻った坂戸キャンパスや東京紀尾井町キャンパスで私を見かけたときには、是非聲をかけてください。皆さんが何を學んでいるのか、何を學びたいのか、教えてほしいのです。
2020年4月1日
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频