別科 日本語専修課程?日本文化専修課程

概要と特色

設立と目的

1988年4月、別科は12名の一期生をもって発足しました。

アジア諸國を中心とする別科學生のほとんどは、自活しながら日本語や日本文化を學び、卒業後は城西大學、城西國際大學をはじめとする、大學や大學院に進學 しています。また、卒業後の進路として、「日本企業への就職」を希望する學生も少なくないため、PC技能習得などの支援を行っております。

このように、城西大學別科は、常に學生のニーズを充足するべく、カリキュラムや課外教育活動の充実につとめ、優れた日本語能力と実用知識を備えた留學生を育成することにより、國際親善と文化交流に寄與したいと願っております。

特色

城西大學別科には長年に渡って蓄積されたノウハウがあります。

別科 ベンチ

日本語學習の達成度を明確に設定
日本語能力試験、日本留學試験での高得點獲得を目標に、カリキュラムを體系的に編成しています。また、そのための対策授業も開設しています。
非漢字圏の留學生に対する特別教育
非漢字圏からの留學生に対しては、獨自に開発した教材(漢字カード)を用いて、特別な漢字教育を行います。
卒業後の進路
クラス擔任が、個人の目標と能力に応じた適切な指導を行うことによって、ほとんどの學生が大學または大學院に進學しています。
卒業後の進路
クラス擔任が、個人の目標と能力に応じた適切な指導を行うことによって、ほとんどの學生が大學または大學院に進學しています。
入國事務の代行
入學時の在留資格に伴う日本の入國管理局への申請については、留學生本人に代わって本學が行います。
城西大學の施設利用、イベントへの參加
別科の學生は、學部學生と同様に學內の図書館?美術館やコンピュータ施設?プールや多目的広場などの諸施設を利用することができます。またサークル活動や全學行事にも參加することができます。日本語スピーチコンテストには、多數の別科生が參加しています。
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频