別科 日本語専修課程?日本文化専修課程

學生生活

キャンパスカレンダー

調整中

生活支援と奨學金制度について

アパートについて

本學には寮や宿舎がありませんので、留學生の皆さんは各自でアパートなどを探すことになりますが、手頃で安全なアパートを紹介しています。親元を離れて日本で生活するには、勉強に打ち込める環境づくりが一番大切です。同じアパートの住人との共同生活であることを認識して、規則正しい生活を送りましょう。

住民登録

居住地が決定したら、14日以內に居住地にある市?町?村の役所へ必ず登録の手続きをしてください。

また、引っ越しをする場合は、舊住所の役所と新住所の役所へ14日以內に屆出をする必要があります。

外國人留學生の醫療費

日本の醫療費はとても高額です。日本で1年以上滯在する外國人留學生には國民健康保険に加入することが義務づけられています。國民健康保険に加入することにより、不慮の事故や病気の時に、醫療費の自己負擔を軽減することができます。

國民健康保険への加入手続きは、外國人登録をした市役所(區役所)でおこないます。擔當窓口に在留カードを持參して、書類に必要事項を記入してください。被保険者証が交付されます。國民健康保険の加入には、月々の保険料が必要です。國民健康保険被保険者証を提示すると、醫療費の70%が軽減されます。

アルバイト

在留資格が留學の外國人留學生がアルバイトをおこなう場合には、必ず資格外活動許可が必要となります。資格外活動許可を受けるには、法務省入國管理局に申請しなければなりません。許可されると、1週間に28時間以內(長期休業期間は1日8時間以內)のアルバイトができます。

奨學金制度

奨學金制度には大きく分けて、大學を通じて応募依頼がある奨學金制度と、個人で直接応募ができる奨學金制度の2種類があります。

別科の學生の場合、學內審査を経て選ばれた者が文部科學省奨學金(學習奨勵費)を受給できます。昨年度は1名の學生が毎月4萬8千円の奨學金を1年間受給しました。
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频