経済學研究科

研究科紹介

設立趣旨

城西大學の建學の精神は「學問による人間形成」です。

「経済?財政の水田」として日本の経済成長と國際的地位向上の推進役となった、創立者 故水田三喜男が、12年間の大蔵大臣を経たのち、日本が一番必要とするものは教育であることを痛切に感じ、次代を擔い得る人材は學問を通してこそ育成されるという考えを基に創立した大學が城西大學です。

以來、この建學の精神の具現を目指して、城西大學は経済學部、現代政策學部、経営學部、理學部、薬學部の5學部および短期大學を設け、その上に立って大學院を設置し、逐次その充実に努めてきました。

経済學研究科は、1978年4月に全國でもめずらしい「経済政策専攻」としてスタートしました。経済學の理論と現狀の習得を目指して経済主要7部門を開設しました。さらに、<産業経済論>と<地域開発論>を含めて、國際化?グローバル化を軸とすることを特色としました。このことは、近年の複雑化するグローバル時代を先取りしたものとなっております。

理念と教育方針

研究科長挨拶

経済學研究科長 西川 由比子

 城西大學大學院経済學研究科は1978年に創設され、40周年を迎えます。設立當時は全國でも數少ない経済政策専攻として、現実の経済の動向や実態を解明することに主眼が置かれていました。また、経済の國際化を強く認識した教育方針を特色として、経済學全般にわたる學問研究の場を提供するためのカリキュラム編成となっております。
 教育目的は、経済學を學問的に追究し、深く研究することを通じて、創造性を養い、社會の発展に寄與する人材を育成することに置かれています。単なる研究者を養成することを目的としているのではなく、専門的職業人、高校教諭、シンクタンクなどの研究員、一般企業に勤務する人を含めて、経済學の専門領域において學問的に深く探求をしたという経験とそのことを通じて獲得された洞察力が、將來の職業において活かされるという教育を目指しています。現在、多くの外國人留學生が在籍しておりますが、留學生の方々には帰國する場合は、母國にとって有能な人材として社會貢獻できるように、また、日本で活動する場合は、私たちの大切な財産として活躍できるように、専門領域の學識を深めるだけではなく、日本語能力を向上させることが必要であると考えており、そのことを意識した教育が行われています。
 本研究科の入學者受入方針はアドミッションポリシーとして記載してある通りですが、経済の現実に興味を持ち、それを経済學の専門的な領域において深く掘り下げ、特定のテーマにおいて論文としてまとめ上げたいという意欲を持つ方の入學を期待しております。

経済學研究科で、皆さんと共に學び、研究することを楽しみにしております。
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频