薬學研究科

薬科學専攻(後期)_臨床栄養學講座

薬學研究科博士後期課程 薬科學専攻 食毒性分野

臨床栄養學講座
Laboratory of Clinical Nutrition
職位氏名大學院擔當科目
教授小林 順臨床栄養解析學特論、臨床栄養解析學特論演習、食毒性特論演習Ⅶ

研究內容

研究テーマは、主に肥満に関係する生活習慣病の実験研究です。糖尿病や肥満モデルマウス、または培養細胞を用いる手技を取得し、代謝異常(糖尿病やメタボリツクシンドローム等)、臓器障害(脂肪肝、慢性腎臓病、呼吸機能障害など)、栄養因子(食品や嗜好等含む)との関連を研究します。また、文獻検索を徹底して行い、得られた結果を先人の研究結果と比較し、深く考察する能力を身に付けます。さらに、自らの研究結果について、プレゼンテーションを効果的に行い質疑応答も的確に行う能力に磨きをかけます。

これまでに、脂肪肝や慢性腎臓病というキーワードを主體とした研究を行っています。現在は、糖尿病や肥満とコーヒー摂取との関連についての研究も進めています。

人材育成の目標

  • 栄養障害を的確に診斷し臨床現場で必要な栄養管理を行える人材育成を目指します。
  • 醫療スタッフの一員として臨床現場で活躍できる資質を養成します。
  • 研究を通じて、自らが積極的に取組み、問題解決を行う姿勢を養成します。
  • 文獻的考察を交えて、科學的に論説できる姿勢を養う。
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频