薬學研究科

薬科學専攻(博士後期課程?3年制)

主に薬科學分野において極めて高度な専門性と豊かな學識を有する
人材の育成を目指します。


醫薬品、香粧品、生活消費化學品、機能性食品を研究?開発?評価するために必要な學識と専門性を養い、きわめて高度な専門職業人の育成を目標とします。そのため、薬學分野と食品?栄養分野を融合させたPharma-Nutritionという學際分野の視點を積極的に導入?展開し、生命科學の最新成果を取り入れた、グローバルでより高度な薬科學の修得を目指します。

3つの研究分野

醫薬品?香粧品機能分野

薬粧品動態制御學、皮膚生理學を基盤として、醫薬品と香粧品機能の解明に関わる基礎から応用の領域までを研究?教育の対象としています。これらの情報を活用することによって、生活者の視點に立って生活にゆとりを與え、かつ安全性を保障できる醫薬品?香粧品の研究?開発、製造、情報伝達を行うことができる能力の養成を目指しています。
薬粧品動態制御學講座未病と健康に寄與する醫薬品?化粧品の機能評価ならびに送達システムに関する研究
皮膚生理學講座皮膚疾患の解析や化粧品開発を目的とした皮膚の脂質と構造に関する研究

食品機能分野

食品機能學と栄養生理學を基盤として、化學的視點と栄養生理學的視點から、食品の生體調節機能、疾病リスク低減効果、疾病治療効果の解明に関わる基礎から応用の領域までを研究?教育の対象としています?これらの情報を活用することによって、疾病予防や治療補助に有効な機能性食品の設計?開発?製造ができる能力の養成を目指しています。
食品機能學講座食品?食品成分の生體機能修復作用の解明および評価疾病予防?治療補助効果を有する食品の設計と評価研究
機能性食品科學講座機能性成分の生體機能與える影響と機能性食品の安全性?効能評価に関する研究

基礎薬學分野

生物有機化學を基盤として、醫薬品?食品の安全性を確保したうえで開発?研究するための方法論について學び、それらを適用する際の問題點や將來あるべき開発?研究の方向性について考えられるまでを研究?教育の対象としています。これらの情報を活用することによって、醫薬品?食品の開発?研究?製造に攜わることができる能力の養成を目指しています。
生物有機化學講座生體分子間相互作用に基づく生理機能調節の探索および機能発現機構の解明

食毒性分野

生體防御學、臨床栄養學、病態解析學、薬物療法學、分子栄養學、生物有機化學、食毒性學を基盤として、食品、食品の組み合わせ、食品と醫薬品の組み合わせを生理學的、薬動力學的、毒性學的に評価する基礎から応用の領域までを研究?教育の対象としています。これらの情報を活用することによって、疾病の発癥や栄養機能応答性の違いなどの情報を発信できる能力を目指しています。
生體防御學講座食毒性に起因する身體の酸化ストレス度評価ならびに食毒性回避のための食品?醫薬品評価研究
病態解析學講座食品と各種病態との相互作用ならびに食品成分による蛋白質糖化への影響研究
薬物療法學講座食品と醫薬品の相互作用ならびに栄養狀態と醫薬品の相互作用研究
分子栄養學講座脂質代謝?骨代謝に及ぼす多価不飽和脂肪酸?フラボノイドの作用と分子機構研究
食毒性學講座食品成分とその有害作用(食毒性)評価および食毒性を制御する食品構成?薬物治療の検討
臨床栄養學講座生活習慣病に対する各種栄養素の影響とメタボリック癥候群の効果的な栄養治療の確立研究
有機薬化學講座糖鎖の生命現象解明のためのポローブや、創薬につながる機能性糖鎖誘導體の設計?合成及び生物評価

人材養成の目標

薬科學専攻は、下記いずれかの素養を身につけた高度な専門職業人の育成を目指します。
  1. 安全性を考慮した醫薬品?香粧品の開発?研究?製造?情報提供ができる
  2. 安全性を考慮した機能食品の開発?研究?製造?情報提供ができる
  3. 食品、食品の組み合わせ、食品と醫薬品の組み合わせを生理學的、薬動力學的、毒性學的に評価する研究?情報提供ができる

修了後に予想される進路

多くの企業、研究機関から有望な人材として期待されています。
  • 大學等の教員?研究者
  • 製薬會社における醫薬品?病態食の開発?研究に攜わる研究者?技術者
  • 香粧品會社における化學品の安全性に攜わる研究者?技術者
  • 食品會社における機能性食品?病態食の開発?研究?製造に攜わる研究者?技術者
  • 保健?醫療行政等でレギュラトリーサイエンスに攜わる専門家
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频