薬學研究科

薬科學専攻(前期)_栄養生理學講座

薬學研究科博士前期課程 薬科學専攻 食品機能分野

栄養生理學講座
Laboratory of Nutritional Physiology
職位氏名大學院擔當科目
教授杉林 堅次栄養生理學特論、総合薬科學演習、栄養生理學演習、修士論文研究
準教授片倉 賢紀栄養生理學特論、総合薬科學演習、栄養生理學演習、修士論文研究

研究內容

脂質は日常摂取する栄養素の一つであり、細胞膜構成成分やエネルギー貯蔵體としてだけでなく、特異的な受容體や輸送擔體を介して生體機能の発達?成長?維持を擔っている。本研究室では、このような脂質の多彩な機能を解明することで加齢による生體機能の変化や疾患の予防?治療に役立つ研究をしている。具體的な研究項目として、(1)多価不飽和脂肪酸およびその代謝物による腎機能調節機構の解明(2)脂質による精神?神経疾患、生活習慣病予防?治療効果の検証とその機構の解明(3)多価不飽和脂肪酸およびその他の食品成分による神経幹細胞の増殖?分化調節機構の解明(4)脂質だけでなく、様々な生理活性化合物による精神?神経疾患、生活習慣病予防?治療効果の栄養生理學的?組織學的評価。

業績(主な業績3報)

1. Masanori Katakura, Michio Hashimoto, Takayuki Inoue, Abdulla Mamun, Yoko Tanabe, Makoto Arita, Osamu Shido. Chronic Arachidonic Acid Administration Decreases Docosahexaenoic Acid- and Eicosapentaenoic Acid-Derived Metabolites in Kidneys of Aged Rats. PLoS ONE 10(10): e0140884, 2015.

2.Masanori Katakura, Michio Hashimoto, Takayuki Inoue, Abdulla Al Mamun, Yoko Tanabe, Ryo Iwamoto, Makoto Arita, Satoru Tsuchikura, Osamu Shido. Omega-3 Fatty Acids Protect Renal Functions by Increasing Docosahexaenoic Acid-Derived Metabolite Levels in SHR.Cg-Leprcp/NDmcr rats, a Metabolic Syndrome Model. Molecules, 19(3), 3247-3263, 2014.

3.Masanori Katakura, Michio Hashimoto, Toshiyuki Okui, Hossain Md Shahdat, Kentaro Matsuzaki, Osamu Shido. Omega-3 polyunsaturated fatty acids enhance neuronal differentiation in cultured rat neural stem cells. Stem Cell International. 2013, 4904476, 2013.

人材育成の目標

  • 研究では、生體(個體)から分子までを扱い様々な手法や機器を駆使するが、実験の手技や機器の使用法の修得だけでなく、生體を一つの有機體として捉えることのできる広い視野を持ち、高度な知識と技能を修得することを期待します。
  • 専門分野だけでなく幅広い分野で活躍し、社會に貢獻できる人材の育成を目指しています。
  • 研究活動を通して、継続することで得られる達成感?充実感を知って欲しいと思います。
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频