薬學研究科

薬學専攻_生理學講座

薬學研究科博士課程 薬學専攻 生體防御領域

生理學講座
Laboratory of Physiology
職位氏名大學院擔當科目
教授加園 恵三博士論文研究、生理學演習、薬物治療學特論、薬物治療學特論演習、醫薬品安全性學特論
準教授大竹 一男 

研究內容

生活習慣病およびその合併癥の発癥とそれらの進展機序を明らかにして、新たなる発癥予防方法と治療法の確立を目的とする。特に、糖尿病、高血圧、脂質異常癥、動脈硬化癥などの発癥メカニズムを解明し、病態進展の原因となる因子を特定した上で、これらの悪化要因を解除する薬物や栄養成分による予防および治療についての検討を行っている。

生活習慣病である糖尿病や脂質異常癥を伴うメタボリックシンドロームは現在増加の一途を辿っている。これらの疾患における合併癥の多くは血管機能障害に関連し、血管機能障害が腎機能障害、網膜癥、高血圧および動脈硬化癥などの主原因となる。血管機能障害に起因する合併癥の予防や治療における新たな方法を確立するために、糖尿病やメタボリックシンドロームにおける血管機能障害の発癥メカニズムを検討することは重要である。さらに血管機能障害に対して、より効果的な予防および治療法を確立することで、重篤な合併癥を防ぎ、患者のQOLの上昇に寄與することが可能になる。

このような背景から當講座では、糖尿病や脂質代謝異常癥等の生活習慣病における血管機能障害に関するメカニズムの解析や予防?治療に関する検討を行っている。また、女性が男性より心血管疾患のリスクが少ないことに著目し、血管機能障害における性差の研究も行っている。さらに生活習慣病ではがん発癥リスクが高いことにも注目し、生活習慣病モデルの動物を用いて以下の検討を行っている。

(1)血管機能障害についてマグヌス裝置を用い、血管収縮および弛緩反応を解析する。

(2)血管機能障害のメカニズムについて、たんぱく質レベルと遺伝子発現レベルでの解析を行い、性差についても検討する。

(3)上記の実験系を用いて、血管機能障害に対する治療薬および予防?治療効果のある食品成分を検討する。

(4)生活習慣病におけるがん発癥リスク増大のメカニズムについて、たんぱく質レベルと遺伝子発現レベルで解析する。

食品成分では特に、n-3系多価不飽和脂肪酸(エイコサペンタエン酸;EPA、ドコサヘキサエン酸;DHA)、一価不飽和脂肪酸(パルミトオレイン酸)の作用に注目し、以下のような検討を行っている。

(5) n-3系多価不飽和脂肪酸の血管機能障害の予防および治療効果について

in vivoではストレプトゾトシンによって誘発された糖尿病マウスにエイコサペンタエン酸(EPA)含有食を與えて、大動脈の収縮および弛緩作用に及ぼす長期効果を検討している。

ex vivoではマウスから摘出した大動脈にEPAを含有した潅流液を流して、大動脈の収縮および弛緩作用に及ぼすEPAの短期効果を検討している。

in vitroでは血管內皮細胞(初代培養系)を用いて、種々の脂肪酸の內皮細胞機能、內皮細胞に対する障害(傷害)作用と保護作用などに対する作用を検討する。

(6)n-3系多価不飽和脂肪酸およびパルミトオレイン酸の栄養代謝に及ぼす効果について

これまでに我々は魚油の栄養代謝に及ぼす作用を詳細に検討してきた。その過程で、個々の脂肪酸の生理活性にも注目し、EPA、DHA以外にパルミトオレイン酸にも脂質代謝改善効果のあることを見出した。また、EPAやDHAの栄養代謝への作用はPPAR-α、PPAR-γを介した作用だけでなく、これらの各受容體の活性作用とは獨立した作用のあることも見出した。現在は、種々の脂肪酸の生理活性を肝臓細胞(HepG2など)、脂肪細胞(3T3-L1)、膵臓ベータ細胞(MIN6など)を用いた細胞実験で追及している。飽和脂肪酸によるアポトーシス誘導および一部の不飽和脂肪酸によるアポトーシス阻害作用、種々の脂肪酸によるアディポサイトカインやインスリンの産生および分泌調節のメカニズムを種々の代謝阻害薬を利用しながら研究している。

業績(主な業績3報)

1.Sachiko Shiba, Nobuyo Tsunoda, Masaki Wakutsu, Etsuko Muraki, Mariko Sonoda, Phyllis S.Y. Tam, Yoko Fujiwara, Shinji Ikemoto, Keizo Kasono, Regulation of lipid metabolism by palmitoleate and eicosapentaenoic acid (EPA) in mice fed a high-fat diet, Biosci Biotechnol Biochem., 75(12): 2401-2403, 2011

2.Takenouchi Y, Kobayashi T, Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K. Gender differences in vascular reactivity of aortas from streptozotocin-induced diabetic mice. Biol Pharm Bull. 2010; 33(10): 1692-7.

3.Masaki Wakutsu, Nobuyo Tsunoda, Sachiko Shiba, Etsuko Muraki, Keizo Kasono, Peroxisome proliferator-activated receptors (PPARs)-independent functions of fish oil on glucose and lipid metabolism in diet-induced obese mice. Lipids Health Dis., 9: 101-, 2010

4.Takenouchi Y, Kobayashi T, Matsumoto T, Kamata K. Gender differences in age-related endothelial function in the murine aorta. Atherosclerosis. 2009; 206(2): 397-404.

人材育成の目標

  • 多角的な視點から物事を考える力、および問題発見能力?解決能力を身に付け、新たな分野の知識や専門的能力を不斷に獲得する努力を怠らない人材育成を行う。
  • 既存の研究成果や報告にとらわれず、新しい話題にも興味を持ち、未來を志向しつつ実踐的學問の発展に貢獻し、新たな分野でのリーダーになれる人材育成を行う。
  • 教員および他の學生とのディスカッションを通し、豊かな人間性や感受性、幅広い教養と専門的な知識、柔軟な思考力を持つ人材育成を行う。
  • 醫療人としてのヒューマニズムに基づき、醫療分野における自己の役割を明確にとらえ、社會貢獻できる人材育成を行う。
  • 醫療分野およびその他の多くの分野にまたがる教養を修得し、専門分野や國境を越えて幅広いネットワークの中でも活躍できる人材育成を行う。
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频