薬學研究科

薬學専攻_薬剤學講座

薬學研究科博士課程 薬學専攻 醫療領域

薬剤學講座
Laboratory of Pharmaceutics
職位氏名大學院擔當科目
教授関 俊暢薬剤?製剤學特論、薬剤?製剤學特論演習、薬剤學演習、博士論文研究
準教授細谷 治薬剤?製剤學特論、薬剤?製剤學特論演習、薬剤學演習、博士論文研究

研究內容

薬物治療効果?安全性を最大限に引き出す目的で、投與方法/剤形デザイン、評価方法の確立を大きな研究テーマとし、 (1) 機能性を付與した微粒子製剤の調製及び応用、(2) 生理活性物質の體內動態に影響を及ぼす物質/成分の探索と応用、(3) 緩和醫療を側面から支援しうる薬剤學的アプローチ、(4) 生活環境中に存在する化學物質の経皮暴露/安全性のシミュレーションを行なう。

業績(主な業績3報)

1.Oshima S., Suzuki C., Yajima R., Egawa Y., Hosoya O., Juni K., Seki T., The use of an artificial skin model to study transdermal absorption of drugs in inflamed skin, Biol. Pharm. Bull., 35:203-209 (2012)
.
2.Oshima S., Sashida T., Egawa Y., Hosoya O., Juni K., Seki T., Study of a drug interaction involving the permeation process using an artificial skin model as an alternative to animal skin, AATEX, 15:97-105 (2010).

3.Seki T., Sashida T., Oshima S., Egawa Y., Nakagawa H., Hosoya O., Juni K., Novel experimental system as an alternative to animal experiments to study the skin permeation of drugs, AATEX, 14:887-897 (2009).

人材育成の目標

醫療領域、特に薬剤學分野において自立した研究者としての能力及び素養を養うために
  • 本課程で修得した內容を體系的かつ系統的に説明でき、応用できる人材の育成
  • 本課程で修得した科學的な情報収集?評価能力を問題発見?解決に生かす人材の育成
  • 國際的に通用する幅広い知識、コミュニケーション能力修得を積極的に目指す人材の育成
  • 時代の要請を踏まえ、國民の健康維持に高い資質と倫理観を以って貢獻できる人材の育成
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频