薬學研究科

薬學専攻_薬剤作用解析學講座

薬學研究科博士課程 薬學専攻 醫療領域

薬剤作用解析學講座
Laboratory of Analytical Pharmaceutics and Informatics
職位氏名大學院擔當科目
教授小林 大介醫薬品安全性特論演習、先端醫療薬學特論、ドライリサーチ特論、薬物治療學特論演習、博士論文研究
助教大島 新司薬物治療學特論演習

研究內容

  大規模データベースやインターネットリサーチを利用して収集した醫薬情報、あるいは、行政や臨床現場の醫薬情報をデータマイニングすることで、薬剤の作用?副作用を修飾するシグナルを見つけ出し、それを基礎研究で検証している。具體的には、うつ病モデル動物の脳內メタボローム解析、多重薬物間相互作用の探索、インターネットリサーチを利用した薬の効果を修飾する諸因子の探索などである。

業績(主な業績3報)

1. Hayato Akimoto, Haruna Wakiyama, Shinji Oshima, Akio Negishi, Kousuke Ohara, Sachihiko Numajiri, Mitsuyoshi Okita, Shigeru Ohshima, Naoko Inoue, Daisuke Kobayashi, Identification and characteristics of time-related shift in suicide-related event frequency during smoking cessation treatment with varenicline., International Journal of Medical Sciences, 14(10): 920-926 (2017).

2. Hayato Akimoto, Shinji Oshima, Kousuke Ohara, Akio Negishi, Hanako Hiroyama, Tadashi Nemoto, Daisuke Kobayashi, High-Resolution Magic-Angle Spinning-1H NMR Spectroscopy-Based Metabolic Profiling of Hippocampal Tissue in Rats with Depression-Like Symptoms, Biological and Pharmaceutical Bulletin, 40(6): 789-796 (2017).

3. Shinji Oshima, Takako Enjuji, Akio Negishi, Hayato Akimoto, Kousuke Ohara, Mitsuyoshi Okita, Sachihiko Numajiri, Naoko Inoue, Shigeru Ohshima, Akira Terao, Daisuke Kobayashi, Study on the increased probability of detecting adverse drug reactions based on Bayes' theorem: evaluation of the usefulness of information on the onset timing of adverse drug reactions.,Biological and Pharmaceutical Bulletin, 40(9): 1389-1398 (2017).

人材育成の目標

醫薬品に関連する高度な情報評価能力、さらには、醫學?薬學研究をレビューする高度な能力を有し、醫療分野でのニーズやアウトカムを予測できる人材を育成する。
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频