教育 Education

副専攻

多様化する現代社會において活躍する人材となるために、學際的な學びの重要性が注目されています。このようなニーズに応えるために、本學では、學部?學科の枠を越えて學ぶ「副専攻」制度を設けています。「副専攻」とは、「主たる専攻=所屬する學部」以外の特定分野の科目を規定の単位數以上修得した學生に対して、その勉學の認証を付與する制度です。
副専攻を修了した學生は、卒業時に學位記を授與されるとともに、「副専攻修了書」も授與されます。
副専攻は、それを取得しようとする學生が自ら勉學の意欲をもって取得できるものです。全員に課せられたものではありませんが、これからの社會で活躍していくために多くの學生の皆さんの積極的なチャレンジに期待しています。

副専攻の種類等について

H&BCマネジメント副専攻

<主催學部?學科>
薬學部?薬科學科
<受講対象學生>
全學部生
<意義>
本副専攻は、主として醫薬情報擔當者、登録販売者、その他、人の健康に関與する企業などへの就職を考えている學生を対象に、必要な基礎知識?技能?態度の習得を目指します。具體的には、大手製薬企業、病院、薬局、ドラッグストアなどの人事擔當者が學生に求める、知識、コミュニケーション力などの修得を目的としている。

経済學副専攻

<主催學部?學科>
経済學部?経済學科
<受講対象學生>
経済學部を除く全學部
<意義>
経済學部以外の學生が、ミクロ?マクロ経済、財政、金融?証券、財政、企業?産業経済、都市?地域経済などを學び、その知識や技術を修得することで、それぞれの主専攻分野の応用力を高め、職業選択の幅を広げ、社會で生き抜く力を強化することを目的とする。

環境科學副専攻

<主催學部?學科>
理學部?化學科
<受講対象學生>
経済學部?現代政策學部?経営學部
<意義>
本副専攻は、文系學部の學生が環境科學を學び、「環境全般の見方」を広げ、化學の周辺も含め教養的素養として環境の知識を有する學生、エコスチューデントを育て、環境問題への理解あるエコピープルとして社會に送り出すのが狙いである

グローバルスタディーズ副専攻

<主催學部?學科>
現代政策學部?社會経済システム學科
<受講対象學生>
全學部
<意義>
本副専攻の目的は、グローバル視點をもち國際社會あるいは地域で活躍できる人材を育成するため「英語」などの実踐的な語學力を身につけながら、日本のことを知り、國際交流のための異文化理解とコミュニケーション力を養ってもらうことである。また、実踐的な力をつけてもらうためにも海外研修や留學などには積極的に參加してもらう。

登録から修了書授與まで

副専攻を修得しようとする學生は、學部の履修申請時に、教務課で副専攻の履修申請をおこなってください。副専攻の履修にあたっては、なるべく低學年から履修し始めるようにしてください。
卒業予定年度の學年末成績発表?卒業発表時に「副専攻修了認定申請書」を教務課に提出して、主催學部で副専攻修了を認定されると卒業式當日に副専攻修了書が授與されます。

副専攻に関する問い合わせ

副専攻の登録?相談?履修科目など全般…教務課

履修申請および履修科目について

副専攻の履修希望者には、4月の履修申請時に副専攻用の履修申請書および希望する副専攻の履修科目一覧を教務課で配布しますので、所屬學部?學科の履修申請の前に教務課に問い合わせてください。
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频