現代政策學部 Faculty of Contemporary Policy Studies

學部長メッセージ

現代社會の課題を自分の課題として再発見しよう。
ルイス?キャロルの『不思議の國のアリス』の中で、アリスがチェシャ貓に「どうか、教えていただけないでしょうか、ここからどちらのほうに行ったらよろしいでしょう?」と尋ねる場面で、貓は「それは君がどこに行きたいかによるね。」と答えます。自分がどこに向かえばいいのかがわからなければ、どこにもたどり著くことはできないでしょう。
 
大學はそこに學ぶ學生が自分の人生の課題を見つける場です。城西大學の建學の精神「學問による人間形成」は、まさに人間が體系的な學びにより、新しい時代に適応し、また新しい時代を創造できることを示唆しています。
現在私たちに求められる資質?能力は、人工知能(AI)の発展により、これまでになく大きく変わりつつあります。かつて工場で人間が行っていた仕事が機械に代わって行ったように、オフィスでの定型的な業務はもちろんのこと、専門的な知識や長年の経験が必要とされてきた稅理士や投資アドバイザーなどの仕事までAIに置き換えられようとしています。當然ながら、大學で學ぶべきことも大きく変化しています。與えられた知識を受動的に學ぶのではなく、絶えず新しいことを挑戦し、學び続ける力を養うことが求められています。
大學は學びを終える場ではなく、社會に向けての本格的な學びを始める場なのです。
 
現代政策學部は、學生のみなさんが人生の中で取り組むべき課題を自ら発見して、その解決のために必要な知識や方法を実踐的に學ぶ場です。そして、みなさんが現代社會の課題を自分の課題として再発見することができたとき、自ら進むべき道が見えてくるでしょう。
現代政策學部の特徴は、その多様性にあります。地方自治、警察、消防など行政の課題を學び、公共性の高い仕事を目指す「公共政策専攻」、金融と法律の知識を身につけ、ビジネスを通しての問題解決を學ぶ「ビジネス法務専攻」、人びとが健康でゆたかな一生を送るために必要な醫療?福祉分野の課題に取り組む「醫療福祉政策専攻」、ICTを駆使できる地域活性化の擔い手を育成する「地域イノベーション専攻」、そして、グローバル社會における新しい課題の解決に取り組む人材を育成する「國際文化政策専攻」の5つの専攻があります。この幅広い進路に対応した専攻の中から、現代社會の課題発見?問題解決と自分の課題すなわち就職につながるキャリアと結び付けて學ぶことができます。
 
もし、みなさんの自ら選んだ課題が社會の求めている課題と一致しなければ、また新たに取り組む課題を見つける必要があります。現代政策學部は、學生一人ひとりのみなさんの取り組むべき課題が見つかるまで何度でも挑戦できる場でありたいと考えています。
 
さあ、自分の人生の課題を再発見する旅に出かけましょう。
倉成學部長メッセージタイトル2018
現代政策學部 學部長
倉成 正和 教授
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频