薬學部 Faculty of Pharmacy and  Pharmaceutical Sciences

學部長メッセージ

人々が生活と人生の質を高く維持し、健康のより良い狀態をめざすことを支援できる人材を育成します。
世界保健機関WHOの定義によれば、健康とは「身體的、精神的、社會的に完全な良好な狀態であって、単に疾病がないとか虛弱でないというだけではない」とされています。つまり、病気でないから健康であるというわけではなく、病気でなく、體の狀態が良好で、かつ毎日をいきいきと過ごす「より良く生きる(well-being)」を実踐することこそが、健康な狀態ということになります。一人ひとりの主観的QOLに基づいた「健康」の実現は、薬學部の使命であると、私たちは考えます。

ですから、城西大學薬學部は、「治療」という枠にとどまることなく、「病気を予防する」、「今ある健康狀態を保つ」、さらに「精神的に満たされた狀態?理想的な健康狀態をめざす」人々をサポートする人材を育成することを教育目標としています。
Dean_Kobayashi_pic
薬學部長 小林大介
城西大學薬學部には、人々の健康増進を支援する薬剤師の育成をめざした「薬學科(6年制)」、人々の生活の安全確保と健康増進を支援する薬科學技術者の育成をめざした「薬科學科(4年制)」、人々の健康増進を支援する管理栄養士の育成をめざした「醫療栄養學科(4年制)」があります。そして、この3つの學科がコラボレートしながら、本學の建學の精神である「學問による人間形成」の場を提供しているのです。

醫療、食の現場が大きく変動している過渡期の今、「健康の実現」を目標に、現狀を切りひらいていく人材を育成する城西大學薬學部は、21世紀の新しい薬學教育、薬學研究を提案しています。
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频