薬學部醫療栄養學科

患者さんのことを把握し実現可能な栄養指導を提案

中野(舊姓小倉) 香名さん
2011年 醫療栄養學科卒業?2013年 大學院醫療栄養學専攻修了
(國立大學法人 千葉大學醫學部附屬病院 臨床栄養部)

YV卒業生の聲 中野さん2

患者さんのことを把握し実現可能な栄養指導を提案

栄養指導で具體的な効果を生むには、セオリー通りのやり方だけでは不十分です。大切なのは患者さんと會話を重ね、普段の生活、食の嗜好などをはじめ、服用している薬をしっかりと把握し、そのうえで現実的な提案をすることだと考えています。薬の種類、機序、期待されている効果といった情報は、確実な栄養管理の実踐のため欠かせないからです。日々の業務を通して、これからの栄養指導には、薬や醫療の分野についての専門的な知識が求められていることをあらためて感じています。


服用している薬をチェックするのは學生時代から身についた姿勢

栄養指導などで患者さんと接しているとき、ごく自然に服用しているにも目が向くのは、管理栄養士として當然のことと考えていたのですが、醫療栄養學科で學んだからこそ身についた姿勢でもあります。自分がいかに現場と直結した実踐的な學びを行ってきたかを実感するのは、そんなふとしたときです。學ぶべきことはまだまだたくさんあり、その最初のステップとして、NST専門療法士や日本糖尿病療養指導士などの資格取得も視野に入れています。
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频