薬學部醫療栄養學科

「病院ー高齢者福祉施設ー在宅」連攜を目指して

佐々木(舊姓西平) 英乃さん
2007年 醫療栄養學科卒業
(秋田県厚生農業協同組合連合會 雄勝中央病院 栄養科)

卒業生の聲佐々木さん3

 薬學部醫療栄養學科(管理栄養士養成課程)を3期生として卒業した佐々木英乃(舊姓西平)さんが、このほど日本栄養士會雑誌(第61巻 第9月號 p16-17, 2018年)に、現場での取組を報告する記事を載せました。佐々木さんは、醫療栄養學科免疫生化學(現 生體防御學)研究室の出身です。
 現在、秋田県厚生農業協同組合連合會雄勝中央病院栄養科で栄養主任として業務に當たっている佐々木さんは、2007年に卒業して大曲厚生醫療センター栄養科勤務を経て2010年から現職に就いています。記事での取り組みは、食事提供スタイルを各施設で共通の呼稱を設定することで、病院―高齢者福祉施設‐在宅間で共通した情報伝達(Aーデザイン)ができることを目的としたものです。
佐々木英乃さんからのコメント:
卒業後、生まれ育った秋田県の病院で就職し、直営給食の病院に勤務しています。栄養管理?給食管理の両方を十分に行えるようにと考え、NST専門療法士、秋田県糖尿病療養指導士の資格を取得しました。また、地元食材の利用等、給食內容の充実に力を注いできました。
現在は栄養科の所屬長として、栄養科スタッフの働く環境を整えることや、栄養科のレベルアップを目標としています。 大學で學んだことが基礎となり卒業後も學ぶ姿勢を持って、業務にあたってくることが出來ました。後輩の皆さんも城西大學薬學部醫療栄養學科出身ということを誇りに思えるよう、在學中に沢山の事を経験し、素敵な大學生活を送ってもらいたいと思います。
 現在は育児休職中とのことで、來年1月中旬から復帰予定です。佐々木さんの今後の活躍を期待しています。

卒業生の聲佐々木さん4

仕事風景

卒業生の聲佐々木さん2

スタッフとのミーティング

卒業生の聲佐々木さん1

現場の様子
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频