薬學部醫療栄養學科

薬局管理栄養士
(調剤薬局での食事に関するアドバイス?健康サポート)

薬局管理栄養士への想い

大倉(舊姓神永) 実穂さん
2014年 醫療栄養學科卒業
(株式會社フォーラル 栄養関連活動推進擔當)

180730大倉さん2

薬局管理栄養士への想い

薬局に管理栄養士がいる事を、ご存知ですか?
私は、大學生になり、授業を受けるまで薬局に管理栄養士がいることを知りませんでした。
正しく、楽しく食事ができるような提案をすることで、みんなを健康にしたい、笑顔にしたいという想いで管理栄養士を志しました。城西大學では臨地実習として、薬局実習の機會があり、そこで薬局管理栄養士の活動を知りました。いつまでも健康でいられるように予防としての取り組みや、病気の早期発見、早期治療のきっかけ、病気や寢たきりになったとしても、最後まで患者さんの希望に寄り添った介入ができる等、幅広い面で活躍しており、沢山の方を食事で笑顔にしたい私の夢が実現できる、薬局への就職を決めました。主なフォーラルでの薬局管理栄養士の活動は、お薬が出來上がるのを待っている間に行う無料栄養相談や、いつまでも寢たきりにならず、健康壽命の延伸を目指す介護予防事業、生活習慣病の早期予防としての特定保健指導、外になかなか出られない患者さんに対して自宅に伺い、食事の提案を行う在宅訪問栄養等が挙げられます。その他にも、店舗全體で夏バテ予防のセミナーや、減塩セミナー等、季節や地域の方のニーズにあったセミナーを店舗スタッフが自ら考えて作り上げていきます。幅広い活動が出來る事も薬局のメリットだと思いますが、私が一番に魅力を感じるのは、『地域の方と距離が近い』ということです。病院だとなかなか相談できない事も、薬局なら相談しやすい、気軽に立ち寄りやすい等、様々なお聲をいただいています。また、『大倉さんにアドバイスをもらって取り組んだら體調がよくなって、最近毎日が楽しい。ありがとう』と直接感謝のお聲かけをいただいたとき、薬局に勤めていてよかったと感じました。今後、沢山の方に薬局を利用してもらい、地域の方を健康にしていく為にも薬局管理栄養士を世間に認知してもらうことが課題です。また、地域を支えていくには、薬局だけでなく病院や地域包括支援センター、區市町村、自治會?町內會等、様々な方との連攜が不可欠です。薬局がどのように地域に貢獻していけるか、日々考え、支え合いながらみんなで作り上げていく事が薬局管理栄養士のやりがいであり、良さだと思います。これからもたくさんの方と連攜しながら、たくさんの方を健康にしていけるよう、前へ進んでいきます。

180730大倉さん1

180730大倉さん4

180730大倉さん3

TOPへ
検索
最新无码国产在线视频