薬學部薬學科

研究室紹介_公衆衛生學研究室

教員

職位教員名主な擔當科目
教授河合 洋公衆衛生學A、公衆衛生學B、公衆衛生學C、薬毒物分析、放射化學実習、薬學実習C、薬學総合演習C、卒業研究
助教巖舘 憐子薬學実習C、薬學実習F、薬毒物分析、放射化學実習

大學院生?學部配屬生

大學院生

博士課程

0名

學部配屬生
6年生6名
5年生9名
4年生9名
早期配屬生3名

研究內容

1. 疾病モデル動物における生體リズム異常の解析
2. 生體リズム異常が疾病発癥に及ぼす影響の解析
3. 薬効/毒性発現における生體リズムの影響の解析

學生への対応

  • 學生ひとりひとりが責任をもって研究活動に取り組み、自ら考え調べながら理解を深めていく力を磨けるよう、機會を提供し活動を支援します。
  • 他者と協同しながら活動していく能力を身につけられるよう支援します。
  • 科學的な思考を身につけ、実踐していくことを支援します。

業績(主な業績3報)

1) Kawai, H., Machida, M., Ishibashi T., Kudo, N., Kawashima, Y., Mitsumoto, A. Chronopharmacological analysis of antidepressant activity of a dual-action serotonin noradrenaline reuptake inhibitor (SNRI), milnacipran, in rats. Biol. Pharm. Bull., 41:213-219 (2018).

2) Kawai, H., Tanaka, S., Nakamura, C., Ishibashi, T., Kudo, N., Kawashima, Y., Mitsumoto. Effects of essential oil inhalation on objective and subjective sleep quality in healthy university students. Sleep Biol. Rhythms, 16:37-44 (2018)

3) Iwadate, R., Inoue, J., Tsuda, H., Takano, M., Furuya, K., Hirasawa, A., Aoki, D., Inazawa, J. High Expression of p62 Protein Is Associated with Poor Prognosis and Aggressive Phenotypes in Endometrial Cancer. Am J Pathol., 185:2523-2533 (2015)
 
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频