薬學部薬學科

生薬學

教員

職位教員名主な擔當科目
助教北村 雅史生薬學、漢方薬、天然物化學、薬學実習E、卒業研究、醫薬品?食品?化粧品概論(薬科學科)、天然資源學(薬科學科)、薬科學総合演習A(薬科學科)、薬科學総合演習B(薬科學科)、薬科學実習A(薬科學科)、薬科學実験E(薬科學科)、薬科學実験F(薬科學科)

大學院生?學部配屬生

大學院生
博士課程0名
學部配屬生
6年生0名
5年生0名
4年生5名
早期配屬生2名

研究內容

  1. 分子生物學的手法を用いた薬用植物同定法に関する研究
  2. 生薬原材料の國內生産へ向けた育種探索及び栽培研究
  3. 植物由來ナノ粒子小胞による生物界間コミュニケーションに関する研究

學生への対応

  • 薬用植物?生薬?漢方薬に精通した人材の育成を目指しています。
  • 社會人として必要な人間力?品格?協調性を備えた人材の育成を目指しています。
  • 研究は試行錯誤の連続です。失敗を恐れず、目標に向かう姿勢を學んでほしいと思います。
  • 研究室は學問以外にも多くのことを學ぶ場であり、一生の財産になります。周りへの感謝や配慮を忘れずに、研究室の仲間から刺激を受けながら成長することを望んでいます。

業績(主な業績3報)

  1. M. Kitamura, N. Muramatsu, R. Suzuki, Y. Shirataki, Authentication of Shan-Dou-Gen Based on DNA Analysis, Nat. Prod. Commum., (2019).
  2. M. Kitamura, H. Ando, Y. Sasaki, Morphological and genetic differences between Coptis japonica var. anemonifolia H. Ohba and Coptis japonica var. major Satake in Hokuriku area.,J. Nat. Med.,72:514-522, (2018).
  3.  M. Kitamura, S. Kubo, J. Tanaka, T. Adachi, Rapid screening method for male DNA by using the loop-mediated isothermal amplification assay., Int. J. Legal Med., 132: 975-981, (2018).
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频