薬學部薬學科

研究室紹介_薬品作用學

教員

職位教員名主な擔當科目
教授岡﨑 真理生理學B、基礎薬理學、薬理學A、薬學実習E(薬理學系)、卒業研究
準教授袁 博薬理學C、學內実務実習演習、薬學総合演習C、薬學実習C、薬學実習E、卒業研究
助教松﨑 広和生物學入門、薬學概論、薬學実習A、薬學実習B、薬學実習E、薬學総合演習A、薬學総合演習B、卒業研究

大學院生?學部配屬生

大學院生
博士課程0名
學部配屬生
6年生15名
5年生14名
4年生14名
早期配屬生5名

研究內容

  1. 脳血管疾患モデル動物を用いた天然化合物誘導體の脳保護効果に関する研究
  2. 中樞神経疾患(うつ病、認知癥)モデル動物を用いた天然化合物誘導體の効果に関する研究
  3. 培養細胞を用いた天然化合物誘導體の神経細胞保護メカニズムに関する研究
  4. 天然化合物およびその誘導體による既存抗がん剤の殺細胞作用増強機構に関する研究

學生への対応

  • 薬學を學ぶことを通じて、學生自らが自己の能力の向上に努め、 將來、薬剤師として社會に貢獻できる知識?技術および問題解決能力を養えるよう支援します。
  • 配屬生には各々に対して研究目標を課し、研究活動を通じて社會人としての常識?マナー、コミュニケーション能力、 論理的思考力、文章作成能力、プレゼンテーション能力などが身につくよう指導します。

業績(主な業績3報)

1) Asano T., Matsuzaki H., Iwata N., Xuan M., Kamiuchi S., Hibino Y., Sakamoto T., Okazaki M. Protective effects of ferulic acid against chronic cerebral hypoperfusion-induced swallowing dysfunction in rats. Int. J. Mol. Sci., 18(3), 550 (2017).

2) Kawabata K., Matsuzaki H., Nukui S., Okazaki M., Sakai A., Kawashima Y., Kudo N. Perfluorododecanoic acid induces cognitive deficit in adult rats. Toxicol. Sci., 157(2), 421-428 (2017).

3) Yuan B., Yao M.J., Wang X., Sato A, Okazaki A, Komuro H, Hayashi H, Toyoda H, Pei X.H., Hu X.M., Hirano T., Takagi N. Antitumor activity of arsenite in combination with tetrandrine against human breast cancer cell line MDA-MB-231 in vitro and in vivo. Cancer Cell Int. 18, 113 (2018).
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频