薬學部薬學科

研究室紹介_有機薬化學研究室

教員

職位教員名主な擔當科目
教授山ノ井 孝有機化學A、薬學英語入門、有機化學演習、生物有機化學演習、薬學実習A、卒業研究
準教授吉田 彰宏化學A、基礎有機化學演習、有機化學演習、薬學実習A、薬學実習B、薬學実習E、卒業研究
助教阿久津 裕士 

大學院生?學部配屬生

大學院生

博士課程

0名

學部配屬生
6年生14名
5年生17名
4年生17名
早期配屬生6名

研究內容

1.糖鎖の生命現象解明のためのプローブ合成
2.診斷や抗菌?抗ウイルス剤の創薬につながる機能性糖鎖誘導體の設計?合成および評価
3.効率性が高く汎用性のある糖鎖合成法の確立
4.糖質類を用いた新規有機合成反応の開拓

學生への対応

  • 暗記に頼らない本物の學力を身につけさせたい。
  • 自ら課題解決ができ、結果を考察してまとめられ、次の課題発見につなげられる能力を身につけさせたい。
  • 各自に固有の研究テーマを與えて、科學的に誠実な態度で実験を遂行してもらう。
  • 將來の醫療人としての自覚が持てるような態度を養いたい。

業績(主な業績3報)

1) α-Glucoside Formation from 2-Deoxy-2-(2,2,2-trichloroethoxycarboxamido)-α-D-glucopyranosyl Acetate Using an Activating System That Used a Combination of Ytterbium(III) Triflate and a Catalytic Boron Trifluoride Diethyl Etherate Complex, T. Yamanoi, Y. Oda, A. Koizumi, T. Kawaguchi, S. Yagihara, and A. Yoshida, Heterocycles, 99, in press.

2) Use and Recyclability of Scandium Tris[bis(perfluorooctylsulfonyl)amide] As A Lewis Acid Promoter for Glycosidation Reactions, T. Yamanoi, R. Inoue, Y. Oda, and A. Yoshida, Lett. Org. Chem., 15, 1050 – 1053, 2018.

3) Separation of the α- and β-Anomers of Carbohydrates by Diffusion-Ordered NMR Spectroscopy, T. Yamanoi, Y. Oda, and K. Katsuraya, Magnetochemistry ( MDPI ), 3, 38 – 43, 2017.
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频