理學部化學科

研究室紹介 環境生命化學研究室

教員石黒 直哉 (準教授) 博士(生物資源學)
略歴1996年 福井県立大學生物資源學部卒業
2001年 福井県立大學大學院生物資源學研究科修了、博士(生物資源學)學位取得
2001年 東京大學海洋研究所海洋科學 特定共同研究員
2003年 東京大學大學院農學生命科學研究科研究拠點形成特任研究員
2006年 福井工業大學工學部講師
2009年 福井工業大學工學部 準教授
2012年 城西大學理學部準教授 現在に至る
擔當科目(學部) 生化學(通年)、生體機能生化學(前)、生化學実験(後)、生活と化學物質(後)、
生命化學特論(前)、化學ゼミナール?コロキウム(通年)、卒業研究
(大學院) 環境生命化學特論
専門分野系統分類學、保全生物學、分子生物學
所屬學會日本魚類學會、日本甲殻類學會、日本進化學會、DNA多型學會、DNA鑑定學會、
応用生態工學會、日本陸水學會、環境DNA學會
大學院生0名
4年生4名
居室1號館318號室
1號館305號室 (學生)
メールアドレスishiguro_address

研究內容

 魚類や甲殻類などの水圏生物の系統?進化や遺伝的集団構造について、分子生物學的手法を用いて研究しています。
 水圏生物のミトコンドリアゲノム解析:形態學的、生態學的、生理學的、生活史などの形質を進化學的に比較するために不可欠な系統枠を得るために、ミトコンドリアDNAの全塩基配列を決定しています。
 水圏生物の保全遺伝學的研究:ミトコンドリアDNAの調節領域や核ゲノムのマイクロサテライト遺伝子座のような高感度マーカーを用いることにより、生物多様性の保全や絶滅危懼種の保護?再生の基礎データとなる集団構造を明らかにすることを試みています。
 環境DNAを用いた生物モニタリング手法の開発:対象生物において非侵襲的な生物モニタリングが可能となるよう、水中に溶出したDNA(環境DNA)を用いた分析手法の開発に取り組んでいます。

研究內容

昨年度の卒業研究題目

  • mtDNA COI遺伝子領域の塩基配列データに基づくArchaeomysis articulata の遺伝的集団構造の解明
  • LAMP法を用いたフクロアミ屬3種の判別マーカーの作製
  • 環境DNA分析を用いた福井県越前市の希少淡水魚類の分布?動態調査
  • 環境DNAを用いたカミツキガメ検出系の確立
  • リアルタイムPCRを用いたアベサンショウウオの環境DNAによる検出系の確立と生息域調査

最近の研究業績

  1. "川越市「小?中?大學連攜理科ふれあい事業」への取り組み"
    宇和田貴之, 石黒直哉, 北川浩子
    城西大學教職課程センター紀要, 3, 85-90 (2019)
  2. "Habitat of a native freshwater shrimp Paratya improvisa in Iruma River system in Saitama Prefecture and the invasion status of alien species, Neocaridina spp."
    Ishiguro, N., N. Tamura, M. Ohkashiwa
    DNA鑑定, 10, 51-57 (2018)
  3. "mtDNA COⅡ遺伝子領域の解析によるゲンジボタルの養殖個體と野生個體の地域個體群の判定"
    齊藤達也, 石黒直哉, 加藤太一郎
    DNA多型, 26, 64-68 (2018)
  4. "淡水エビ分布調査を目的とした環境DNA分析手法の開発"
    石黒直哉, 飯島大智, 石田季久
    DNA多型, 25, 85-87 (2017)
  5. "福井県越前市域におけるドジョウ(Misgurnus anguillicaudatus)の遺伝的特性"
    日和佳政, 藤長裕平, 高橋將人, 石黒直哉
    DNA多型, 25, 30-35 (2017)
  6. “Rapid and effective isolation of candidate sequences for development of microsatellite markers in 30 fish species facilitated by kit-based target capturing and massively multiplexed parallel sequencing”
    Takeshima, H., N. Muto, Y. Sakai, N. Ishiguro, K. Iguchi, S. Ishikawa, M. Nishida
    Conservation Genetics Resources, (2017) DOI: 10.1007/s12686-017-0699-z.
  7. "DNAを用いた越前市における外來淡水エビの侵入調査"
    日和佳政, 木村祐哉, 石黒直哉
    DNA多型, 23, 96-99 (2015)
  8. "核DNAマーカーによるドジョウとカラドジョウの判別"
    石黒直哉, 小谷舞, 日和佳政, 田原大輔
    DNA多型, 23, 100-102 (2015)
  9. "福井県越前市西部地域に生息するドジョウの遺伝的特性"
    日和佳政, 新井文八, 藤長裕平, 鈴木克欣, 田原大輔, 石黒直哉
    DNA多型, 22, 84-88 (2014)
  10. "福井県に生息するドジョウの遺伝的特性"
    石黒直哉, 持田宇晃, 日和佳政, 田原大輔
    DNA多型, 22, 89-93 (2014)
  11. "Multiplex-PCR法によるフクロアミ屬2種の簡易識別法"
    石黒直哉, 水野剛志, 石田俊史, 富永修
    DNA多型, 20, 114-118 (2012)
  12. "カジカ類4種のミトコンドリアゲノム全塩基配列の比較"
    石黒直哉, 長谷川喬之
    DNA多型, 20, 119-126 (2012)
  13. "赤魚”のDNA鑑定"
    石黒直哉, 平林裕一郎
    福井工業大學研究紀要, 42, CD-ROM (2012)
  14. "水産加工食品の原材料のDNA鑑定の有効性"
    水野剛志, 平林裕一郎, 石黒直哉
    福井工業大學研究紀要, 41, 381-386 (2011)
  15. "ミトコンドリアゲノム調節領域における高知県産アラレガコの遺伝的多様性"
    石黒直哉, 奧村祐理哉, 水野剛志
    福井工業大學研究紀要, 40, 320-325 (2010)
  16. "Divergence time of the two regional medaka populations in Japan as a new time scale for comparative genomics of vertebrates"
    Setiamarga, D. H. E., M. Miya, Y. Yamanoue, Y. Azuma, J. G. Inoue, N. B. Ishiguro, K. Mabuchi, M. Nishida
    Biology Letters, 5, 812-816 (2009)
  17. 2008年より以前は省略.

學會発表

  • LAMP法を用いた在來種?外來種群判別法の開発-環境DNAへの適用-
    石黒直哉
    第11回LAMP研究會、東京、2019年2月
  • 環境DNAを用いたアベサンショウウオ(Hynobius abei)の分布とその生息域におけるアメリカザリガニの侵入調査
    日和佳政、鈴木裕士、藤長裕平、石黒直哉
    日本DNA多型學會第27回學術集會、松江、2018年12月 優秀研究(若手)賞
  • 環境DNAを用いたゲンジボタルの地域個體群判別法の確立と比較
    齊藤達也、石黒直哉
    日本DNA多型學會第27回學術集會、松江、2018年12月
  • 環境DNA分析にも有効なスナヤツメ隠蔽種判別法の確立
    石黒直哉、高山晃徳、金澤光
    DNA鑑定學會第11回大會、橫浜、2018年11月
  • LAMP法を用いた淡水エビの在來種-外來種群判別法の確立
    齊藤達也、石黒直哉
    第1回環境DNA學會東京大會、東京、2018年9月
  • LAMP法を用いた環境DNAによる在來種-外來種群判別法の開発
    石黒直哉
    第10回LAMP研究會、東京、 2018年2月
  • mtDNA COⅡ遺伝子領域の解析によるゲンジボタルの養殖個體と野生個體の地域個體群の判定
    齋藤達也、加藤太一郎、石黒直哉
    日本DNA多型學會第26回學術集會、東京、2017年11月
  • 環境DNAによる淡水エビ分布狀況調査を目的とした在來種-外來種群簡易判別法の開発
    石黒直哉、石田季久、大塚美優
    DNA鑑定學會第10回大會、東京、2017年11月
  • 環境DNAによる淡水エビ分布狀況調査を目的とした在來種-外來種群判別Multiplex PCR法の確立
    石黒直哉、石田季久、飯島大智
    日本陸水學會第82回大會、秋田、2017年9月
  • 10件以上は省略.
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频