理學部化學科

研究室紹介 生化學研究室

教員北川 浩子 (教授) 理學博士
略歴1983年 城西大學理學部卒
同年 城西大學理學部助手
1994年 理學博士(東京都立大學)
2001年 城西大學理學部講師
2010年 城西大學理學部準教授
2015年 城西大學理學部教授 現在に至る
擔當科目(學部)分子生物學、バイオ技術、生化學実験、スチューデント?インターンシップ、キャリアデザイン、工業化學概論
専門分野分子生物學、生化學
所屬學會日本生化學會、日本遺伝學會、日本分子生物學會
4年生3名
居室1號館207號室(北川)、206、208號室(実験室)
メールアドレスkitagawa_address

研究內容

ほとんどの生物の生體防御システムは自然免疫系によって行われています。ショウジョウバエを用いて自然免疫系で働いているタンパク質やペプチドの特徴を解析しています。また、ギフチョウ屬の食草選択に関わる嗅覚、味覚受容體タンパクを解明するためにその遺伝子の同定及び発現機構を解析していきます。

kitagawa

昨年度の卒業研究題目

  1. D.virilis成蟲のカビ感染における抗菌ペプチド遺伝子の発現量の変化
  2. 食草選択に関わる遺伝子の解明―ギフチョウの前腳ふ節 cDNAの解析
  3. 食草選択に関わる遺伝子の解明―ヒメギフチョウの前腳ふ節 cDNAの解析

最近の研究業績

〔原著論文〕

  1. Kitagawa, H. "Activity Variation in Acid Phosphatase (ACPH) Allozymes of Drosophila virilis Resulting from Two Different Acph Gene Transcripts." Dros. Inf. Ser. 98,28-34 (2015)
  2. Kitagawa, T. H. (2011) "Cloning and Characterization of β-esterase (Est B) gene in Drosophila virilis." Drosophila Information Service 94,43-45
  3. Kitagawa, T. H. (2006) "Sequence analyses of the acid phosphatase gene (Acph-1) from D. virilis and a comparison with the Acph-2. Gene expression may be regulated by repeated sequences." Drosophila Information Service 89,39-41
  4. Kitagawa, T. H "Molecular Cloning, Sequencing and Alternative Splicing of the Acid Phosphatase (Acph) Gene from Drosophila virilis" DNA Sequence, 14, 135-139(2003),
  5. Narise,S and H. T. Kitagawa, "Molecular Weight of a Purified Acid Phosphatase Allozyme (ACPH4) from D.virilis" Drosophila Information Service, 84, 24-27(2001)
  6. Kitagawa, T. H and Narise, S., "Duplication of the Gpdh gene in the Drosophila virilis species group".. Drosophila Information Service 83, 114-117.(2000),
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频