理學部數學科

先輩のキャンパスライフレポート (海外編)

留學、短期語學研修(サマーセミナー?スプリングセミナー)

 本學には、在學しながら下記をはじめ海外姉妹校に留學する制度があります。
●カリフォルニア大學リバーサイド校(アメリカ)
●セント?メアリーズ大學(カナダ)
●カモーソン?カレッジ(カナダ)
期間:3ヶ月、6ヶ月、1年
また、夏休みや春休みには短期語學研修が実施されます。海外姉妹校を拠點に語學研修と異文化體験を満喫できます。プログラムによっては卒業に必要な単位として認定されることもあります。

JEAP(國際教育センター)→

2016年フランス語?文化研修に參加したY.N.さんのインタビュー

2016年2月下旬から3月初めに研修が実施されました。
研修の目的は、姉妹校であるリール?カソリック大學でのフランス語研修に加え、歐州の現狀を視察することです


研修に參加した動機は?


フランス語を履修していて、擔當の先生からフランスを訪問された時の様子やフランス事情などを伺っていました。日本と異なることも多く、また、友人から聞いたアメリカでの生活の話とも違っていて、研修の話を聞いて実際に行ってみたいと思い參加しました。
 

どのようなスケジュールでしたか?


リール?カソリック大學近くのホテルに滯在して、毎日、歩いて大學に通いました。午前中はフランス語の授業があり、午後はリール市內や近郊の博物館、美術館などを訪れました。研修の後半にはベルギーのブリュッセル、帰路にはパリ市內の視察もありました。

フランス語の授業の感想は?


文法やリスニングの他、簡単な作文やスピーキングがありました。先生が1人1人に質問してそれに答えたり、配布されたイラストについて説明したりと、コミュニケーション力と度胸のつく內容でした。教材にフランスの文化や習慣を取り上げたものが多く、面白かったです。

午後の活動や視察はいかがでしたか?


昔の炭鉱に関する博物館の展示が興味深かったです。フランスの環境問題への取組みについての講演を聞いたり、パン(バゲット)やチーズ、味のついた水のテイスティング體験では食文化を學んだりもしました。ブリュッセルでは自由行動の時間があり、引率してくれたリール?カソリック大學の學生に幾つかの店を案內してもらいました。パリは観光客が多く、フランス北部の都市リールとは違った雰囲気でした。ノートルダム大聖堂が素敵でした。


研修で得たものは?


フランス語力、異文化體験、度胸と得たものは沢山あります。フランス語の勉強を続けたいという気持ちも強くなりました。また、客観的な視點で日本を見られるようになり、さらに外國の存在をもっと身近に感じるようになりました。
?ビビッドカラーの色合いの可愛いイラスト付きのカードなどは、フランスの思い出として大切にしまっています。

france-kenshu6

TOPへ
検索
最新无码国产在线视频