Skip to content

その風俗店の求人情報からその店が重きを置いているところを探る

Posted in 情報一覧

風俗求人などでは、アリバイ工作もパーフェクト、安心して働けますといったような文言が当たり前のように掲載されていますが、性風俗店で働く場合には、やはり個人個人が危機管理をしっかりとしておく必要があります。

風俗嬢として働く場合、どういった危険が潜んでいるのでしょうか。やはり一番はお客さんとのトラブルになります。ちょっとした態度が悪かったというだけでも、態度が豹変するような男性もいます。

また本番行為が禁止されているようなジャンルの風俗で、本番行為を執拗に迫ってくるような男性もいることでしょう。やんわりと断ったくらいでは、まったく引き下がらないような場合など、お店側としっかりと対処方法を確認しておいたり、打ち合わせをしておくべきです。

無理矢理に行為をしようとした場合には、どういった対処をするのかなども、自身でしっかりと考えておきましょう。細かいことをいえば、プレイ内容で自分がNGを出しているようなプレイを勝手にしてくるような場合も同様です。

性的な興奮が高まれば、このくらいはいいかなと思ったりする男性も少なくありませんから、そういった場合にはきっちりと線を引くことが重要でしょう。

他にももしもの時などのために、特に派遣型の風俗をしているような女性は、脱出経路などを確保しておくことが重要です。襲われてしまった場合のみならず、火災や震災などが起きてしまった時に、非常口の場所を知らなければ、命の危険にさらされます。

まさかという気持ちではなく、よく行く場所でも階数などが違うと構造も変わっていたりしますから、しっかりと確認をしておきたいところですね。

女の子を大切な商品として扱ってくれるお店の場合、お店側からこういった危機管理の対処法などを提供してくれることもありますが、相談をしてしっかりと自分から対処法を決めておくことが何よりも大事です。