生涯學習?地域連攜
Lifelong learning

地域連攜センター

地域との連攜で目指すもの 地域連攜センター

城西大學は中期目標(J-Vision)の中で、人間力をもつ地域社會および國際社會に貢獻する人材の育成のために、地域連攜、海外連攜を強力に推進することを宣言しています。城西で學ぶ學生が將來、日本及び世界のどこで生きていくにしても、地域コミュニティーに対する感性や地域問題解決の能力は、グローバル人材になるための要件です。

そのために、城西大學では次のように地域志向を位置づけています。
1.大學での「學び」を通じた「地域」に貢獻し得る能力と人間性を合わせ持つ人材の育成
2.大學の「教育?研究」を通じた「地域」の実際的な課題の解決
3.地域連攜及び地域資源を活用した「教育?研究プログラム」の実施
4.世界のどこにいても「地域」に対する意識を持って生きていく「地域志向」と「國際性」との融合

地域連攜センターは、これらを具現化し世界と繋がることを常に意識した「地域志向」の核として、本學における地域との連攜を推進するために設置されました。
城西大學は、グローバルな視野で地域コミュニティーと連攜した教育に取り組み、実社會で活躍する方々と共に「地域志向」と「國際性」とをあわせもつ人材を育てます。
 

連攜教育?研究推進プロジェクト(J-CLIP)

城西大學は、地域課題の解決を通じた教育?研究プログラムを體系化することで、地(知)の拠點としての機能や教育の質を飛躍的に高めることを目的にしたプロジェクト活動「連攜教育?研究推進プロジェクト(J-CLIP)」を全學で展開中です。本學では、これまでも「高麗川プロジェクト」や「休耕地活用プロジェクト」「特産品を利用した商品開発への協力」「地域図書館とのネットワーク」「スチュー デント?インターンシップ」など、さまざまな分野での地域連攜に取り組んできましたが、それらをさらに體系的に進めていくものです。

地(知)の拠點としての大學と地域との連攜共同宣言(PDF)(89KB)

TJUP: 埼玉東上地域大學教育プラットフォーム

埼玉東上地域大學教育プラットフォーム


2020年度より「城西ボランティア」始動します(本學の學生、教職員 対象)

城西ボランティア登録募集掲示(HP用)

2020年度より、本學の學生および教職員を対象に、ボランティアの情報提供を行う「城西ボランティア」登録制度を始動します。
大學內外で実施するボランティア募集情報を希望者向けに配信します。
ボランティアをしたいけれど、情報がない學生さん、教職員のみなさんの登録をお待ちしております。
登録は上のポスター內のQRコードからお願いいたします。
情報の配信方法については、學生さんはJUnavi、教職員は大學アドレスにて行いますので、間違いなく受け取れる體制を整えておいてください。

なお、新型コロナウイルスの狀況が落ち著いてから、募集を開始する予定(時期は未定)ですので、情報配信まで少々お待ちください。

地域連攜活動報告

地域連攜活動報告會(2019年11月22日開催)

地域連攜活動報告會ポスター2019(募集終了後~當日まで)

2019年11月22日(金)に地域連攜活動報告會を開催しました。

2019年11月22日(金)、13:30~15:00に坂戸キャンパス水田三喜男記念館 講堂において、地域連攜活動報告會を開催しました。
今回は、3つの學部の6団體が持ち時間9分で発表を行いました。限られた時間で自分たちの活動を分かりやすく伝えるため、當日のリハーサルぎりぎりまで學生同士でアドバイスをし合って、よりよいプレゼンテーションを仕上げていました。
會場には多くの方々が駆けつけてくださり、質疑応答の時間だけでなく報告會終了後も活発な意見交換がされていました。

発表された皆さん、當日ご參加くださった皆様、本報告會に関してご協力いただきました皆様全てに感謝申し上げます。

地域連攜活動報告會 報告資料(2019年11月22日開催)

地域連攜活動報告會 報告資料(2018年10月17日開催)

地域連攜活動報告會 報告資料(2017年7月26日開催)


【地域連攜活動報告書の提出について(本學教職員、學生団體 対象)】

地域連攜に関する活動を実施された場合は、結果を下記の「地域連攜活動報告書」の様式にまとめ、データファイルで地域連攜センターメールアドレス(j-clic(AT)stf.josai.ac.jp ※(AT)を@に変換してください)または 清光會館1階?総務課(地域連攜擔當)までご提出ください。

地域連攜活動報告書の書式はこちらから入手できます。(2019年度フォーマットを改訂しました。)(12KB)
TOPへ
検索
最新无码国产在线视频